2007年03月23日

Cache_Lite WindowsXPとFreeBSDでのコーディングの違い

PHP5のキャッシュ処理、「Cache_Lite」のコーディングTips。

1.呼び出しオプション
(1)キャッシュを書きこむディレクトリ。

 'cacheDir'は、WindowsXPで動作する場合はパスの末尾に"/"は不要。
 FreeBSDで動作する場合はパスの末尾に"/"が必要。
 パスの末尾に"/"がないと、/home/example/www 直下にキャッシュファイルが
 作成される。
 
-------------------------------------------------
 require_once('Cache/Lite.php');

 //キャッシュ処理
 $options = array(
 'cacheDir' => '/home/example/www/php5cache/',
 'lifeTime' => 86400,
 'caching' => true,
 'automaticCleaningFactor' => 20,
 'automaticSerialization' => true,
 'pearErrorMode' => 'CACHE_LITE_ERROR_DIE'
 );
 $cache = new Cache_Lite($options);










posted by surviver at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | PHP一般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。