2008年04月27日

ソースファイルをUTF-8で保存するときの注意点

ソースファイルをUTF-8で保存するときは、「BOM無し」で保存すること。
「BOM付き」で保存すると、実行命令によってはエラーが発生する。
posted by surviver at 16:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | PHP一般

2007年03月23日

Cache_Lite WindowsXPとFreeBSDでのコーディングの違い

PHP5のキャッシュ処理、「Cache_Lite」のコーディングTips。

1.呼び出しオプション
(1)キャッシュを書きこむディレクトリ。

 'cacheDir'は、WindowsXPで動作する場合はパスの末尾に"/"は不要。
 FreeBSDで動作する場合はパスの末尾に"/"が必要。
 パスの末尾に"/"がないと、/home/example/www 直下にキャッシュファイルが
 作成される。
 
-------------------------------------------------
 require_once('Cache/Lite.php');

 //キャッシュ処理
 $options = array(
 'cacheDir' => '/home/example/www/php5cache/',
 'lifeTime' => 86400,
 'caching' => true,
 'automaticCleaningFactor' => 20,
 'automaticSerialization' => true,
 'pearErrorMode' => 'CACHE_LITE_ERROR_DIE'
 );
 $cache = new Cache_Lite($options);










posted by surviver at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | PHP一般

PHPでの文字化け対策1

PHPは書籍や他人の書いたブログ記事のサンプルソースのままでは、正しく表示されないことが多い。

いわゆる「文字化け」が発生するわけだが、対策方法としては下記のブログ記事が大変参考になる。

PHPの文字化けを本気で解決する


また、PHPプログラム中にマルチバイト文字を取り扱う場合は、mb_convert_encodingで文字コード変換を必ず実行しておけば問題ない。

サンプルソース:
---------------------------------------------------------------

<?php
function convert($str) {
return mb_convert_encoding($str, mb_internal_encoding(), "auto");
}
?>

$data .= convert("商品説明:") . convert($item->itemCaption) . "\n";

---------------------------------------------------------------


次の記事も参照のこと。
PHPでの文字化け対策2








posted by surviver at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | PHP一般

PHPの学習に便利なサイト

PHPの学習に便利なサイトは下記のサイト。

PHP & JavaScript ROOM










posted by surviver at 09:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | PHP一般
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。